スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 *:.。☆..。赤座ひではる先生*:.。☆..。 

1970年に、ねことお姫さまで漫画家デビューしたのが
赤座ひではる先生です。

ねことお姫さま

集英社の「りぼん」で連載されていました。

りぼん1

赤座ひではる先生は、名前を見てお分かりだと思いますが、
男性漫画家さんですw

男性で、こんなに優しい絵を描き、こんなにピュアな
物語を作り上げる漫画家は、赤座先生がピカイチだと思います。


チリリンふたりのり
うっすらと覚えているこの漫画は、「チリリンふたりのり」


初デートにサンドイッチを作って持って行く主人公。
だけど恥ずかしくて、「食べて」と言えず、そのまま持って
帰って来る・・・・

みたいなお話じゃなかったかなぁ(違ってたらスミマセン)

なきむしメルヘン2 なきむしメルヘン

読んだ後に、じんわりくる癒し効果。
疲れている時に読みたくなる魅力が、赤座先生の漫画には
あります。



赤座先生は、現在岐阜県に在住という事で、
たまの晴れたお休みの日には、美濃加茂市の公園施設
「日本昭和村」で似顔絵を描いてくださるそうです


「お客さんとの会話も楽しく、まるで学園祭気分です。」 
                            赤座先生:



・・・だそうです。


好きな漫画家さんに、自分の似顔絵を描いてもらえるなんて、
究極の贅沢のように思います。

なきむしメルヘン1

今度「昭和村」に出掛けてみようかなぁ~

(赤座先生なら可愛く描いてくれそうだしw)






ランキング見てみよう

こちらもヨロシクです
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ

さらにポチポチッ


おもちゃ買い取ります
秘密基地





[ 2009/11/24 16:45 ] 少女マンガ | TB(0) | CM(2)

 *:.。☆..。ムー一族*:.。☆..。 

1978年から約1年間、TBS系列の水曜劇場で放映されていたのは
ムー一族です。

ムー一族1

コメディ仕立てのホームドラマです。

斬新な番組構成と、シュールなお笑いが、
当時小さかった私には理解できなかったのですが、
とにかく笑って観ていました。

・・・と、言う事は、やっぱり面白いドラマだったのでしょうね~

ムー一族4

1977年に放映された「ムー」の続編的番組であり、
舞台は変わらず東京下町の老舗足袋屋「うさぎや」でした。


ドラマが進行中、突然情報コーナーに場面が切り替わったり、
トークが繰り広げられたり、歌が始まったり。

コレも「ムー」時代から変わってはいません


次の展開が読めないのもこの番組の魅力でした。

ムー一族5 「林檎殺人事件

郷ひろみさんと樹木希林さんコンビで歌う曲がヒット

ムー一族6

郷ひろみさん、樹木希林さんを始め、伊東四朗さん、
渡辺美佐子さん、五十嵐めぐみさん、清水健太郎さん、
伴淳三郎さん、岸本加世子さん、由利徹さん、左とん平さん、
近田春夫さん、桂木文さん、白石まる美さん・・・・・と、
大ベテラン俳優やアーティスト、アイドル歌手やこのドラマが
デビュー作という新人まで、多彩なメンバーでした。

ムー一族7



でも・・・・・

忘れていけない存在はこの二人



ムー一族3

「うさぎや」に立ち退きを迫るチンピラ役の細川俊之さん。
そしてその子分役のたこ八郎 さん。
この二人の絡みを観るのが本当に楽しみでした。

たこ八郎さんの存在を、このドラマで初めて知ったのですが、
その時の衝撃と言ったら・・・・・・


天然でピュアなたこ八郎さん、好きだったなぁ~w



ムー一族2

私の記憶では、タモリさんも出ていたはずなのですが・・・・
あれは「ムー」の方だったのかな

タモさんのプロフには、「ムー」については
一切触れられていないのが不思議ではありますが



この人気ドラマも、去年とうとうDVD化され嬉しい限りです

今までは、番組内で流れる曲の著作権問題や、
主要キャストの清水健太郎さんの度重なる不祥事
の関係で見送られていたので・・・・・





きっと今観ても、新しい感覚で面白いと思います







ランキング見てみよう

こちらもヨロシクです
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ

さらにポチポチッ


おもちゃ買い取ります
秘密基地





[ 2009/11/20 13:36 ] 懐かしのテレビ番組 | TB(0) | CM(2)

 *:.。☆..。冒険コロボックル*:.。☆..。 

1973年から翌年にかけた半年間、日本テレビ系列
放送されたのは冒険コロボックルです。

コロボックル
中央児童福祉審議会推薦の立派なアニメです



冒険コロボックル9
住友生命がメインスポンサーのメルヘンアニメです。

児童文学「だれも知らない小さな国」
(原作:佐藤さとる先生、絵:村上勉先生)がベースとなっています。

冒険コロボックル5

フキの葉の下に住むと言われる小さな神様、コロボックル
存在を、現代人は誰も信じようとしません。

冒険コロボックル7

それを不満に思ったコロボックルのボックルラブラブクスクスは、
人間の子供を子分にしようと街に出て来ます。

冒険コロボックル2 ボックル

人間には姿が見えないはずのコロボックルを、只一人
小学6年生のせいたかくんだけが見える事で
4人は仲良くなります。

冒険コロボックル6
コロボックルから見れば、せいたかくんはとても大きいのですが、
実はせいたかくんはクラスでは「チビ」と呼ばれていて・・・・

冒険コロボックル3 ラブラブ

コロボックル達と、せいたかくんの心温まるアニメです。

冒険コロボックル4 クスクス

このアニメを見ていた頃は、フキの葉の下にはコロボックル
がいると信じて疑いませんでした。


女の子のラブラブがお気に入りでした
冒険コロボックル1



雨が降るとフキの葉を傘にして、ボックル達が遊んでいると
思い込み、びしょ濡れになって彼等を探し回ったものですw

冒険コロボックル8

こんな可愛い神様が側にいてくれたら・・・
いつも良い事が起こりそうですよね~。









ランキング見てみよう

こちらもヨロシクです
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ

さらにポチポチッ


おもちゃ買い取ります
秘密基地






[ 2009/11/16 12:56 ] 懐かしのテレビアニメ | TB(0) | CM(2)

 *:.。☆..。ぴったしカン・カン*:.。☆..。 

1975年から11年間続いたTBS系列のクイズ番組は
「ぴったしカン・カンです。

ぴったしカン・カン1

100%クイズ番組と言うよりは、トークショーを兼ねた、
タレント・視聴者参加者達が楽しむ新しい形のクイズ番組でした。


久米宏 司会は久米宏さん

久米さんは、この「ぴったしカン・カン」での軽妙でスピード感ある
司会者ぶりが買われ、その後始まる「ザ・ベストテン」の司会者に
大抜擢されました。

ぴったしカン・カン3

「ぴったしチーム」はキャプテンにコント55号坂上二郎さん。
メンバーは主に藤村俊二さんや岸ユキさん、倉石功さんなど
で結成されていましたが、時には 黒沢年男さんや関根勤さん
も出演していました。


対する「カン・カンチーム」は、コント55号萩本欽一さん率いる
3人の一般視聴者で結成されていました。


ぴったしカン・カン2

ジャンケンで先攻・後攻決めをし、クイズがスタートします。

VTR問題を数問出題した後、ゲストの幼少時代の写真を見せ、
誰が今日のゲストかを当てる「1枚の写真」は人気がありました。

ぴったしカン・カン4

画像は2代目司会者の小島一慶 さん。
ちなみに3代目司会者の吉田照美さんまで番組は続きました。


1980年には、この番組のファンだと言う美空ひばりさんがゲスト
で出演。 特別に歌を披露してくれました。
ぴったしカン・カン5

軽いタッチの気を張らないクイズ番組の走りが
この「ぴったしカン・カン」なのでした。









ランキング見てみよう

こちらもヨロシクです
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ

さらにポチポチッ


おもちゃ買い取ります
秘密基地





[ 2009/11/12 13:00 ] 懐かしのテレビ番組 | TB(0) | CM(2)

 *:.。☆..。透明ドリちゃん*:.。☆..。 

1978年の1月から7月まで、テレビ朝日系列で放送された
透明ドリちゃんです。

透明ドリちゃん9
東映製作の特撮ファンタジー番組

前番組の「ジャッカー電撃隊」が打ち切られた事で、
急遽後番組への繋ぎとして始まった番組でした。


当初は1ケタの視聴率だったのが、終盤では12%を記録、
大健闘したドリちゃんだったのです。

透明ドリちゃん7


青山ミドリ(ドリちゃん)は、妖精の国の行方不明の王女
ゼリアンとして、弟の虎男と一緒に妖精の国に突如
迎え入れられます。

透明ドリちゃん6

透明になれる魔法の玉「ドリームボール」と、
妖精を呼び出せる魔法のベル「フェアリーベル」を授けられる。

透明ドリちゃん8


人間界で起こる数々の難題に、ドリームボール
フェアリーベルで立ち向かうドリちゃん。

透明ドリちゃん4

原作は仮面ライダーでお馴染みの漫画家、
石ノ森章太郎 先生です。


この「透明ドリちゃん」は、仮面ライダー以来多くの作品を
手掛けてきた、東映生田スタジオの最終作でもあります。


透明ドリちゃん5


特撮と言えば、ヒーローものが主流だった時代に、
女の子のハートを逸早くキャッチしたのが、この
特撮ファンタジー「透明ドリちゃん」だったのです









ランキング見てみよう

こちらもヨロシクです
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ

さらにポチポチッ


おもちゃ買い取ります
秘密基地






[ 2009/11/11 13:09 ] 懐かしのテレビ番組 | TB(0) | CM(1)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。