スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 *:.。☆..。「日本レコード大賞」1984年・新人賞*:.。☆..。 

「輝く!日本レコード大賞」の最優秀新人賞ネタ第9弾です

この年、1984年は、花の82年組ジャニーズアイドル
に押され気味でした。

少々可愛いくらいでは、中森明菜さんや小泉今日子さんに
太刀打ちできません。 少々格好イイくらいでは、田原俊彦さんや近藤真彦さんに敵いません。


毎年何万人とデビューし、消えていくアイドルスター達の、頂点とも言えるのがたった5席を奪い合う、「レコード大賞新人賞」5組なのです。




さて、1984年(昭和59年)の新人賞は・・・・



吉川 晃司      「モニカ」

菊池 桃子      「サマーアイズ」

一世風靡セピア   「前略、道の上より」

岡田 有希子     「恋はじめまして」
 
SALLY         「バージンブルー」



以上の5組の争いとなりました。


吉川晃司さんは、ジャニーズの少し甘ったれた感じのアイドルとは違っていました。当時の男性アイドルとしては、異例の高身長にマッチョな体。高校時代に水球の選手として、日本代表に選ばれた程の実力の賜物です。男性のメイクや、髪にメッシュを入れるなど、若い男子のオシャレ心に火を付けたのも吉川さんでした。その為女子だけでなく、男子からも絶大な支持を受けていました。大河ドラマ「天地人」の織田信長役は記憶に新しいですが、実は吉川さん、本当は毛利元就の子孫にあたるそうです。

吉川晃司



菊池桃子さんは、学研のアイドル雑誌「Momoco」のイメージガールとして15歳でデビュー。ぽっちゃりした頬に大きなタレ目がキュートで、声も、舌っ足らずな話し方も、非常~に可愛いらしかったです。初めて桃子ちゃんを見た時は、「こんな可愛いい子がいるんだ~と感心したのを覚えています。中学生時代、学校に提出する検便を、何者かに盗まれたのは有名なお話です。現在はプロゴルファーのご主人と、2児のお子さんの良きママぶりを買われ、主婦向けの情報番組や雑誌など、多方面で活躍されています。
菊池桃子



一世風靡セピアは、路上パフォーマンス集団・劇男一世風靡から派生した、メンバー7人のユニットです。現在も俳優として活躍中の、柳葉敏郎さん、哀川翔さん、小木茂光さんら渋い面々がメンバーでした。一世風靡セピアの母体である劇男一世風靡には、勝俣州和さんが、劇男一世風靡のそのまた母体の劇男・零心会には野々村真さんや風見慎吾さんが所属していました。勝俣さんは、一世風靡セピアの付き人をやっていた事もあるそうです。野々村さんは、天然ボケ・恐妻家のイメージが大きいですが、この中では1番喧嘩が強く、皆一目置いていたそうです。

一世風靡セピア




岡田有希子さんは、テレビオーディション番組「スター誕生!」のチャンピオンになりデビュー。おっとりした優しい雰囲気と、少し鼻にかかったような甘い声、ベビーフェイスとは裏腹の均一の取れたスタイルが人気でした。実は当時はそんなに可愛いとは思わなかったのですが、今こうして見ると、本当に可愛らしいです。まさにアイドルになる為に存在していた女の子ではないでしょうか。失恋が引き金で、18歳という若さで飛び降り自殺をしましたが、今元気なら、どんなに成熟されていただろうと残念でなりません。

岡田有希子


SALLYは7人のメンバーで結成されたロックグループです。キリンレモンのCM挿入歌「バージンブルー」が大ヒットし、一躍メジャーに。1年先にデビューした、同じ7人組のバンドグループであるチェッカーズとよく比較されていました。しかし、当時のアイドル色が濃いチェッカーズの勢いには、今一つ届きませんでした。アーティストとして活動していきたかったSALLYメンバーと、アイドルとして売り出したかった所属事務所との間の、大きな溝が原因の一つでもありました。ちょっとロカビリーっぽくて、私は好きでしたけど

サリー





さて、気になる1984年度の結果は・・・・・





最優秀新人賞は岡田有希子さんでした ァ~


岡田有希子3


吉川晃司さんと熾烈な戦いの末、最優秀新人賞を勝ち取りました。

フリフリドレスにサイドを後ろに流したフワフワヘアーは、当時のアイドルの定番見れば見るほどカワイイユッコちゃんです


ユッコ サービスショット

ベビーフェイスにこのボディは罪です。


岡田有希子4
もう一丁オマケ  う~ん・・・清楚でカワイイなぁ


ユッコちゃんが生きていたら、今年で42歳だそうです。

菊池桃子さんは一つ年下なので41歳ですね。


菊池桃子2
デビューしたばかりの桃子ちゃん

現在の桃子さん
菊池桃子3

お綺麗ですネ


82年組に対抗するには、このお二人くらい可愛くなきゃいけませんでした。



ビジュアルだけ見ると、なかなかハイレベルな時代でした










ランキング見てみよう

こちらもヨロシクです
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ

さらにポチポチッ



おもちゃ買い取ります
秘密基地









スポンサーサイト
[ 2009/09/17 14:00 ] 最優秀新人賞 | TB(0) | CM(4)

 *:.。☆..。「日本レコード大賞」1977年・新人賞*:.。☆..。 

「輝く!日本レコード大賞」の最優秀新人賞ネタ第8弾です


1977年(昭和52年)のレコード大賞は、ジュリーこと
沢田研二さんの「勝手にしやがれ」でした。この大ヒットした
歌の印象から、当時を思い出す人もいるのではないでしょうか。

王貞治選手の756号ホームラン世界記録達成
テレビゲームの普及、キャンディーズの
「普通の女の子に戻りたい」宣言・・・・などなどありました。


そんなバラエティーにとんだ、1977年のレコード大賞・新人賞に
選ばれたのは・・・・・・・





1977年(昭和52年)の新人賞はコチラ!




清水 健太郎  「失恋レストラン」

 狩  人     「あずさ2号」
 
高田 みづえ   「硝子坂」

榊原 郁恵    「アル・パシーノ+アラン・
                ドロン<あなた」  

太川 陽介    「Lui-Lui(ルイ・ルイ)」



以上の5組の争いとなりました。




清水健太郎さんは当時25歳。シブイ外見とは裏腹に、シャイな性格が大人の女性に受け、また、アイロンパーマをかけた後、短くカットするヘアスタイルが「健太郎カット」「シミケンカット」と呼ばれ、男性陣にも人気を博しました。大麻所持での逮捕、覚せい剤取締り法違反で逮捕と、繰り返し逮捕され、Vシネマで復活する度に人気が再燃してきていましたが、4度目になると、起用する仕事がない現状だそうです。
清水健太郎




狩人は、兄・邦彦さん、弟・高道さんの兄弟デュオです。アイドルとは一味違って歌唱力がバツグンで、しっとりした雰囲気。デビュー曲から立て続けにヒットを連発しました。しばらく低迷時期があり、その間も地道に活動を続け、20年近くたって再び注目されるようになりました。現在は狩人を解散し、邦彦さんはアマチュアボクサーを目指し、高道さんはソロ活動で頑張っているようです。
狩人



高田みづえさんは鹿児島県出身の当時17歳。アイドルではあるものの、しっかりと歌いこなす歌唱力に「カタカナ演歌」と呼ばれた時期もありました。8年間の芸能活動中、紅白歌合戦には7回出場を果たす実力派でした。1985年に、人気力士の若嶋津関と結婚し、芸能界を引退。現在は松ヶ根部屋のおかみさんとして頑張っています。
高田みづえ



榊原郁恵さんは、栄えある第1回目のホリプロ・スカウトキャラバングランプリを受賞し、芸能界デビュー。明るく元気で、健康的なスタイルは、現在のグラビア・アイドルの走りであると言えます。ミュージカル「ピーターパン」では、主演のピーターパンで好評を得、俳優の渡辺徹さんと結婚するまでの6年間演じました。現在もよくテレビで見掛ける、幅の広い活躍をされております。
榊原郁恵



太川陽介さんは、女優の藤吉久美子さんと結婚。おしどり夫婦として有名です。歌は「Lui-Lui」しか分からないのですが、現在は俳優として、時代劇や舞台に多数出演されています。1979年に「おだいじに」というテレビドラマで、まだ歌手デビューしていない無名の松田聖子さんと共演しました。恋人役の二人にキス・シーンがあり、聖子ちゃんのファースト・キスのお相手は太川さんになるそうです。
太川陽介



さて、様々な道を歩む事になるこの5組、最優秀新人賞
誰の頭上に輝いたかと言いますと・・・・・・・・








最優秀新人賞は清水健太郎さんでした ァ~


清水健太郎4
シミケンカットではありません・・・



ホンモノよりも貫禄があると言われる演技力と迫力で、Vシネマ界のスターダムを
のし上がり、哀川翔さん、竹内力さんと並んでVシネマの帝王と呼ばれるまでに。
清水健太郎3




2007年には、東京スポーツ紙上で、俳優の押尾学さんに
キックボクシング対決を申し込むも断られる。
(何故押尾学なのだろうか・・・・
清水健太郎1



昨年、一ヶ月ごとの覚醒剤定期健診を条件に、
俳優・歌手業の再開を宣言し、芸能界への復帰を表明しました。



清水健太郎2 


応援してくれるファンの為にも、しっかり立ち直って頑張ってもらいたいですね。






ランキング見てみよう

こちらもヨロシクです
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ

さらにポチポチッ



おもちゃ買い取ります
秘密基地

















[ 2009/06/10 13:33 ] 最優秀新人賞 | TB(0) | CM(2)

 *:.。☆..。「日本レコード大賞」1985年・新人賞*:.。☆..。 

「輝く!日本レコード大賞」の最優秀新人賞ネタ第7弾です


1980年から始まった「アイドル戦争」も、5年が経ったこの年は
幾分か落ち着きが出てきました。


松田聖子田原俊彦中森明菜近藤真彦小泉今日子
チェッカーズ河合奈保子柏原芳恵吉川晃司松本伊代
シブがき隊早見優石川秀美堀ちえみ菊池桃子・・・e.t.c


こ~んなに凄い先輩アイドル達の大きな壁を、
デビューしたての新人が乗り越えるのは至難の業です。


デビューはしたものの、歌唱力がずば抜けているとか、
誰よりもカワイイとか、所属事務所がお金持ちだとか・・・


余程の実力がなければ、80年代後半のデビュー組は、
芸能界の荒波の中を生き残れませんでした。




さて、そんなアイドル氷河期に飲み込まれなかったのが
こちらの5人です。





1985年(昭和60年)の新人賞はコチラ!




本田 美奈子    「Temptation~誘惑~」

芳本 美代子    「雨のハイスクール」
 
松本 典子     「さよならと言われて」

小林 明子     「恋におちて」

中山 美穂      「C」



以上の5人の争いとなりました。



本田美奈子さんは、可憐な容姿新人離れした歌唱力で、80年代後半の代表アイドルとなりました。へそ出しルックで腰を激しく振りながら歌う、今までに無いアイドル像を作り上げましたが、デビュー前の本人の希望は「演歌歌手になる事」でした。アイドル、ロックバンド、ミュージカル、クラシックと、模索しながらも自分の進むべき道を探し当て、確立しつつあった矢先に白血病という病に倒れました。療養中も前向きで、歌手として復帰する事を信じ頑張っていましたが、38歳という若さで他界されました。とても残念です。
本田美奈子




八重歯がチャームポイントの芳本美代子さんは、花の82年組アイドルの一人、石川秀美さんの妹分としてデビューしました。明るく元気で、健康的な魅力があり、本人も「体育会系です」と宣言していました。ご主人で俳優の金山一彦さんとは、一時金山さんの不倫騒動で別居状態が続いていましたが、芸能界では珍しく、夫婦関係の修復に成功した、数少ないカップルです。現在はおしどり夫婦らしいので良かった、良かったw
芳本美代子




松本典子さんは「ミス・セブンティーンコンテスト」で、見事グランプリに輝きデビュー。ちなみにコンテストの同期には、工藤静香渡辺美里国生さゆりがいました。清楚控えめな雰囲気で、どちらかと言えば目立たない存在でしたが、1987年より「志村けんのだいじょうぶだぁ」にレギュラー出演を果たし、コミカルな面もクローズアップされ人気に。現在は元プロ野球選手の笘篠賢治夫人として、3人の息子さんのママだそうです。
松本典子




小林明子さんは学習院大学を卒業し、東京大学教授の秘書を経て、音楽出版会社に勤務する傍ら、音楽活動をしていたという変り種でした。1985年に、テレビドラマ「金曜日の妻たちへ」の主題歌でシンガーデビューを果たしました。アイドルとは違う、大人の女性のしっとりした歌声が、耳に心地良かった事もあり、ドラマも主題歌も社会現象を巻き起こして大ヒットしました。今では80年代の代表曲の1曲となっています。
小林明子




中山美穂さんは、テレビドラマの脇役でデビューしたのは有名なお話です。ドラマの人気と共に、ミポリンの人気も急上昇し、半年後にはレコードデビューも果たしました。当初はちょっと生意気ツッパッた女の子路線でした。現在はミュージシャン・小説家の辻仁成夫人として、パリに在住。1男のママとして子育てに専念していましたが、最近では雑誌のエッセイや、テレビCMなどの仕事を少しずつ始めているようです。
中山美穂



さて、5人が全て女性で占めた1985年の新人賞。








最優秀新人賞は中山美穂さんでした ァ~



ミポリン オリエンタルな美人顔です





この年の最優秀新人賞候補は、実は本田美奈子さんが
最有力でした。   メディアでの露出、レコードセールス、実力・・・・
申し分なく条件は揃っており、実際各種賞レースの新人賞を総ナメ
していたので、誰しもがそう思っていました。多分本田美奈子さん
本人もそう思っていた事でしょう。
それだけ全ての賞を受賞していたのですから。
しかしながら・・・・
総本山の「輝く!日本レコード大賞」では、新人賞は受賞したものの、
最優秀新人賞は受賞出来ず、相当落ち込んだそうです。

美奈子2 本田美奈子さん

大晦日の賞レース当日に、いつも他の賞レースにはノミネートすら
されていなかった子がエントリーされている。コレはマズイかも・・・・
滅多に人の噂話などをしない美奈子さんが、そう言ったと言います。

TBS系のドラマ番組で人気が出た子が、TBSの賞レースで
最優秀賞を受賞する・・・・

そんな分かりやすい出来レースが蔓延るようになったのも、
丁度この年以降からだったように思います・・・・・・・


美奈子3 小動物的可愛い美奈子ちゃん


本田美奈子さんもですが、中山美穂さんも辛かったと思います。 
 
大人の都合事情に翻弄されたアイドル達を思うと
やりきれない部分もありますね。


今更ながら、本田美奈子・さんのご冥福をお祈り致します・・・・















ランキング見てみよう

こちらもヨロシクです
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ

さらにポチポチッ



おもちゃ買い取ります
秘密基地







[ 2009/05/18 13:21 ] 最優秀新人賞 | TB(0) | CM(4)

 *:.。☆..。「日本レコード大賞」1978年・新人賞*:.。☆..。 

「輝く!日本レコード大賞」の最優秀新人賞ネタ第6弾です

1978年のレコード大賞は、

テレビをつければ・・・・・

雑誌を捲れば・・・・・・・・

おもちゃ屋さんに行けば・・・

必ず顔を見る事ができた
ピンク・レディー「UFO」でした。



では気になる最優秀新人賞はというと・・・・



1978年(昭和53年)の新人賞はコチラ!




石野 真子   「失恋記念日」

さとう 宗幸   「青葉城恋唄」

渡辺 真知子  「かもめが翔んだ日」

渋谷 哲平    「Deep」
 
中原 理恵    「東京ららばい」



以上の5組の争いとなりました。



ちなみに世良公則&ツイスト(後のツイスト)が
「銃爪」でノミネートされましたが、受賞を辞退しました。
繰上げ受賞は、上記の内のどなただったのでしょうか~
ちょっと気になります(密かに検討はついていたりもする)w

ツイスト2 ツイスト 
世良さんス・テ・キ






石野真子さんは、八重歯タレ目がチャームポイントの当時16歳。明るく元気で、健康的なお色気もある、模範的正統派アイドルでした。庶民的な雰囲気を持つ真子ちゃんですが、実は意外な事に、兵庫県芦屋市育ちの超お嬢様でした。4年後には長渕剛さんと結婚する為に芸能界を引退するも、2年後に離婚、即芸能界に復帰しています。ダウンタウンの浜ちゃん真子ちゃんの大ファンだったのは有名です。

石野真子3





さとう宗幸さんの「青葉城恋唄」は、当時ご当地ソングのなかった仙台市の後押しもあり、全国的ヒットに。さとうさんの優しい声に、杜の都・仙台の風景が浮かび上がるようだと中高年には大絶賛されました。また、俳優としても活躍し、「2年B組仙八先生」ではデビュー前のシブがき隊と共演。大河ドラマ「独眼流正宗」にも出演していました。
さとう宗幸





渡辺真知子さんは、ユーミンの次世代のニューミュージック歌手として注目を浴びました。声楽出身の張りのある声と、パワー溢れる声量が、聴いている者全てに爽快感を与えてくれます。プロ野球の千葉ロッテマリーンズが、本拠地の千葉マリンスタジアムでのゲーム中に、「かもめが翔んだ日」を流すようになり、再ブレイク。野球ファンからも絶大な支持を得ています。
渡辺真知子





渋谷哲平さんは、オーディション番組の「スター誕生!」で合格し、デビューしました。同番組の合格者には、石野真子ちゃんもいました。真子ちゃんとは堀越高等学校でも同級生であり、そのせいなのか、恋の噂もありました。大きなアクションで動いて歌っていましたが、少し恥ずかしそうにしていたのが思い起こされます。本人はしっとり歌いたかったのでは・・・と、今更ながら推理していますw
渋谷哲平





中原理恵さんは、オールバックのショートヘアーが似合う、ツッパった大人の魅力で人気に。19歳でデビューしましたが、シリアスな大人路線で行く為に、年を多く偽っていたという、大変珍しいパターンでした。後に「欽ドン!」欽ちゃんと共演、良い妻・悪い妻・普通の妻の三役を演じ、クールなイメージがコケティッシュに替わり、更に人気者となりました。
中原理恵


さて、バラエティーに飛んだ1978年。気になる結果は・・・・・



最優秀新人賞は渡辺真知子さんでした ァ~

渡辺真知子2

これは楽曲・歌唱力。セールス力を考えても妥当な結果です。

私個人としましては、石野真子ちゃんの大ファンでしたので
結果は残念だったのですが・・・・・・

石野真子1真子ちゃんカワイイ


ピンク・レディーが全盛の一人勝ち時代

歌謡界も色々と大変だったのでしょうねぇ・・・・・・













ランキング見てみよう

こちらもヨロシクです
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ

さらにポチポチッ



おもちゃ買い取ります
秘密基地









[ 2009/05/02 13:20 ] 最優秀新人賞 | TB(0) | CM(2)

 *:.。☆..。「日本レコード大賞」1980年・新人賞*:.。☆..。 

「輝く!日本レコード大賞」の最優秀新人賞ネタ第5弾です
この年、1980年を語らないでアイドル談義は出来ません


だって・・・・・

この年は・・・・・・










1980年(昭和55年)の新人賞はコチラ!




岩崎 良美    「あなた色のマノン」

河合  奈保子  「ヤング・ボーイ」

松田 聖子    「青い珊瑚礁」

田原 俊彦    「ハッと「して!Good」
 
松村 和子    「帰ってこいよ」



以上の5組の争いとなりました。
いますね、いますね~松田聖子さん
男性アイドルの田原俊彦さんも1980年デビュー組です。
この2~3年前まではアーティスト色の濃い新人賞メンバーが続いていたので、ようやく親しみのある・可愛いカッコイイ追い掛けがいのあるメンバーの登場となり、賞レースは大いに盛り上がりましたタレントグッズが次から次へと展開販売され、学校ではクラスの大半が筆箱下敷きノートステッカーなど、自分が応援しているアイドルの物を使用していました。「へぇ~、○○ちゃんファンなんだ
「△△いいよね~などと、初対面同士の会話のきっかけになる事では役に立っていたのかも


岩崎良美さんは、実力派歌手の岩崎宏美さんの実の妹です。爽やかな歌声は、お姉さんに全く引けを取りませんでした。それでも偉大な姉を意識しすぎて、アイドル扱いを嫌い、結果的にはレコードセールスが伸び悩む事に。後にアニメ「タッチ」の主題歌を歌いヒット。「タッチ」は岩崎良美さんの代表曲となりました。
岩崎良美


河合奈保子さんは、芸映プロ主催「西城秀樹の妹募集オーディション」で見事グランプリに輝きデビュー。(後の石川秀美もこのオーディションでデビュー)明るく素直な性格と、ベビーフェイスには結びつかないくらいのグラマラスなスタイルで一躍人気アイドルに。歌唱力は勿論の事、ピアノやマンドリンの腕前も素晴らしく、音楽的には充分備わった正統派アイドルでした。
河合奈保子


松田聖子さんは、もう説明もいらないくらいに有名ですよね。アイドルの王道を今も尚驀進中です。聖子ちゃんと言えば「聖子ちゃんカット」「カワイ子ぶりっ子」「ウソ泣き」「奔放恋愛」「ビビビ婚」など、いつも話題の中心、提供者でありました。しかし本当に可愛い!!自分の魅力をよく把握しているから、魅せ方を心得ていると言うか・・・。永遠にアイドルしててほしいですね
松田聖子

田原俊彦さんは「トシちゃん」の愛称で幅広く女性に支持されたアイドルでした。「3年B組金八先生」の生徒役で俳優デビューし、共演者の近藤真彦野村義男の三人で「たのきんトリオ」と呼ばれ人気者に。翌年「哀愁でいと」で歌手デビューすると、瞬く間にスターダムに駆け上りました。特にダンスのセンスはピカイチで、今でも華麗にカッコイイそうですよ
田原俊彦

松村和子さんは津軽三味線を弾いて演歌を歌う異色な感じがウケて人気に。ロングストレートの黒髪に、着物をイメージした個性的なパンツスタイルで、(ジョッパーズ?)よく伸び、よく通る声の持ち主でした。最近では「ものまね王座決定戦」に出演している姿を見掛けますね。歌唱力は「さすが」という感じです。
松村和子




さて、そんなアイドル乱舞年の気になる結果は・・・・・



最優秀新人賞は「トシちゃん」こと田原俊彦さんでした ァ~

トシちゃん

聖子ちゃんとのデッドヒートで、大晦日当日の発表の瞬間まで、本当にどちらが最優秀を取るかは
予想さえできませんでした。
どちらが受賞してもおかしくなかったって事です。

受賞者発表の時、トシちゃんの名前が呼ばれると、悔しいながらも周りの候補者は拍手を贈って讃えるのですが、聖子ちゃんだけ
「ぅわ~~んと泣き声が聞こえそうなくらいに
顔をくしゃくしゃにして
泣いていました。
涙は出ていませんでしたが・・・・・  
それくらい勝気じゃないと、厳しい世の中渡っては行けません。


余談ですが・・・・・
1980年の新人賞に、この方が受賞されていないのはビックリです。


柏原よしえ
柏原よしえさん(現:柏原芳恵)です。河合奈保子さん同様、愛くるしい表情とは結びつかない豊満ボディの持ち主でした。皇太子様がファンだったのは有名なお話です。あのボクシングで有名な三兄弟の父が、よしえちゃんと同じ学校の同級生だったとかで、「当時から綺麗で大人っぽかった。憧れていた男子は自分だけではなかった。」
と語っていました~



何だか本編より面白い話をしちゃったかしらw





ランキング見てみよう

こちらもヨロシクです
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ

さらにポチポチッ



おもちゃ買い取ります
秘密基地









[ 2009/02/26 10:00 ] 最優秀新人賞 | TB(0) | CM(0)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。